KUプラン一級建築士事務所
           
             
       




分離発注という選択肢
家づくりの仕様・性能



  concept   

「いい家をつくりたい」 ◆  プロセス共有原価でつくる家



  家づくりには、 さまざまな
参加の仕方・関わり方があります。 

・プロにまかせるところは任せ、それ以外のところで関わり、参加される方。
また
自分で(家族で)塗装工事や左官工事など、可能な作業に挑戦してみたいと考える方。

・広く・浅く・深く「家づくり」には様々な関わり方があります。楽しさがあります。

・建売住宅や規格住宅・マンションの購入であれば、関わりは少なく、簡単です。
しかし誰がどのように関わったのかは、ずっとわかりません

・家づくりは法規や構造など制限を受ける部分もありますが、
品質性能原価(コスト)知ることで、できる事が沢山あります。

・住宅会社などへ
一括請負で依頼した場合、
「依頼主」〜実際に施工する「職人や専門工事業者:(下請業者)」との間には
見えない部分が多く存在します。

・一般的に住宅会社(元請)の主な仕事は、下請業者への「発注と予算管理」です。
そこで、実際に工事をする職人や専門工事業者に直接依頼できたらどうでしょう。

・それを依頼主自身が行えるとしたら、そこに住まう者として主導権を持つことができたら、
一括請負の際の
中間の経費が浮いてきます。 安くなります。
建物工事の本当の価格が見えてきます。 「同じ費用ならもっと良く」できます。

・職人や業者への発注・予算管理等は承認を得ながら設計事務所が行い、サポートします。
設計業務はもちろん、監理も内容の濃い業務になります。



◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 

・家づくりは生涯の中で一番高い買い物であり、大きなイベントです。

こだわりや機能性・デザインを検討し、使いたい資材や部品を吟味しながら、
依頼者と設計事務所が何度も何度も打合せを重ね、設計図が出来上がります。

専門業者の選定も比較検討し、コストコントロール(コストダウン)を行います。

依頼主と職人と設計事務所が(家づくりの)プロセスを共有する事により、
建物が出来上がっていく喜びを皆で感じ、楽しんでもらえたと思います。




 KU
プランでは、これまでに約30軒超の「分離発注による家づくり」を行ってきました。

楽しくつくって、住まって心地の良い家づくりを目指します。
        
 
 
     


 
 

(c) KU-plan Architect Office All right Reserved