KUプラン一級建築士事務所
           
             
       






設計事例 TOP
     茶室のある家 【狭小宅地26坪】   


  きっかけは、高台の団地での中古住宅の購入とリフォーム相談から始まりましたが、
  諸々検討の結果、敷地面積26坪と広くはないけれど、平坦地で利便の良いこの場所での
  家づくりの計画が始まりました。
  1階は広々とした玄関ホールと奥様希望の茶室、水回り・ビルトインガレージを配置。
  2階にはLDKと寝室、ロフトがあります。

  幸せな家づくり 掲載


 
作法にのっとって設えた茶室
 
ロフト
 
リビング「奥に見えるダイニングの窓下には畳台を設置(ご主人専用) 」    DRより寝室方向
   
   玄関ポーチ          茶会の来客を迎える為の広い玄関ホール(右に玄関収納)
 
1階トイレの陶器の手洗ボール   2階トイレ 奥行がない場所にも合う洗面化粧台 
外観(北東の角地)、ベランダ下の庭には茶室への入口(躙り口)があります。
  分離発注を選択した理由

(c) KU-plan Architect Office All right Reserved